コーヒー再考

チバコーヒーの考え

コーヒーの美味しさは人それぞれです。
コーヒーを飲む人が素晴らしい美味しさと感じ、満足するコーヒーであること。

素晴らしい美味しさであるためには、生の豆から流通、焙煎などの段階で品質向上がかかせません。

生産国においての栽培管理、収穫、生産処理、選別や管理が適正にされ、欠点豆が極めて少ない生豆。
適切な輸送や保管により、好条件で焙煎されて、過不足のない焙煎豆。
上手に抽出され、美味しく特徴的な風味特性がある。

他の飲食品と同じく、どの工程でも繊細な作業が続きます。
農業は一筋縄でいく仕事ではなく、焙煎も日々の環境の変化や原料の変化への対応が求められます。
結果として同じ仕上がりは二度となく、ブレを最小にし狙った風味になっているかのチェックが欠かせません。
いままでの経験や感覚を積み重ねお客様の元に届ける一杯になるよう努力を続けます。

焙煎の目的は生豆の持っているポテンシャルを引き出すこと。
浅煎りでも深煎りでも「透明感が感じられるコーヒー=後に嫌な味が残らない」を心がけ
昨日よりも美味しいコーヒーを目標に、日々心をこめて焙煎しています。

SCAJではスペシャルティーコーヒーを
風味の素晴らしいコーヒーの美味しさとは、際立つ印象的な風味特性があり、爽やかな明るい酸味特性があり、持続するコーヒー感が甘さの感覚で消えていくこと。
としています。